稼ぐノウハウ

お金は素直に受け取ったほうがかわいい

更新日:

いただいてます

前に商品を売ったお客さんが
「調子がわるいみたい」
というので返送してもらって見たら
とくに壊れてませんでした。

で、そのまま着払いで返したら
タダはわるいということで、お小遣いくれました。
なので「ありがとう」とお礼を言って
笑顔でにっこり受け取りました。

他には南国さんに
「旅行中は女遊びしすぎないようにね」
って言われたので硬派っぽく自重してました。

するといっしょに行った友達から
「おごるからキャバクラ行こうや」と言われて
キャバクラおごってもらいました。

なので「ありがとう」とお礼を言って
笑顔でにっこり楽しみました。

受け取る力

実際に自分がお金を出してみるとわかるのですが
お金出すのって気持ちいいです。

「自分もお金出せるくらいの甲斐性になったなぁ」
と感じられます
だから、「くれる」というものは、
気持ちよく受け取ったらいいのです。

で、自分もなにかあげたくなったら
あげたらいいのです。

「ありがとう」が老害を防ぐ

こんなこと言ってると
「お坊さんかよ」と言われるかもしれませんので、
そうするといい科学的な根拠を述べます。

長く生きてると、脳みその省エネ化が進みます。
つまり思考のショートカットです。

人はいろいろ経験すると
「こういうときはこうすればよい」
といった思考の回路が集まります。

まあ、そこそこの集まってるだけだと
コスパいいのですが、長く生きてると、
この回路が増えすぎて囚われてしまいます。

これが年を取ると頑固になる原因です。

一般的には、こっちがお金出しときゃ
マイナス評価はつかないのですが、
状況によっては、お金もらうほうが
喜ばれることもあるわけです。

なので、「今はどっちなんだろう」
という判断を状況によってしてると、
人の話をよく聞くようになりますし、
年代関係なくかわいがってもらえます。

すると、年をとっても
老害扱いされにくくなります。

まとめると、相手がくれるっていうときは
素直に受け取れるかわいい人になったほうが
何かとトクですよという話です。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-稼ぐノウハウ

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.