eBayのノウハウ

クレーム対応が平気になる方法

投稿日:

今日は、クレーム対応が平気になる方法を話します。

ある有名な実験の話です。

3才の子供に、チョコレートの箱を見せます。

「ぼくちゃん、チョコレートだよ~」

「ああああ!!!!チョコレートだああ!!」

ぼくちゃんの前でチョコレートを箱から出して
食べさせます。

「おいしい?」

「うん!!」

カラになったチョコレートの箱に、カランカランカラーンと
エンピツを3本入れます。
そこへ、知らないおじさんが入ってきます。

「ぼくちゃん、あのおじさんはチョコレートの箱に
何が入ってるって思う?」

「エンピツ~~」

「ホント?」

「うん、さんぼんだよ!!」

5才の子供に、同じことをします。

「ぼくちゃん、あのおじさんはチョコレートの箱に
何が入ってると思う?」

「チョコレート」

「なんで?」

「あのおじさんは、エンピツが入れてるところを見てない」

。。。

たったの2年で、人は『相手』がわかるようになるのです。
逆に言うと3才児は、『自分しか』いない。

「あの人は精神年令が低い」と言われるのは、
『相手がいることをわからない=わがまま』、だからです。

お客さんは、わがままです。
不思議なことですが、人はお金を払ったら、
3才児にかえるのです(笑)

でも、私たちは、相手のことがわかるので、
「どうしたの?」って聞いてあげることができます。

「あのね!チョコレートの箱をあけたら、エンピツが入ってたの!!」

「そうだね。チョコレートは、ぼくちゃんのおなかにいるよ^^」

お客さんは3才、私たちは5才。
クレーム対応は別にこわくありません。
大丈夫です。

追伸:

稼いでいる人ほど、クレーム対応をソッコウでやります。
なんですぐにやるのか、考えてみてください。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-eBayのノウハウ

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.