稼ぐノウハウ

全業務機械化中毒

投稿日:

今日は、『全業務機械化中毒』という話をします。

前回は、裏ビデオのように、年々タダ同然になる商品と
手打ちそばのような、変わらない価値のある商品があるよ
という話をしました。

『変わらない価値=労働力』なのに、どうして会社は
労働者を駆逐して機械化を進めるのでしょうか。
そんなことしても、いつかは薄利多売になっちゃうのに。。。

その理由は、会社が『依存症』になってるからです。

依存症とは、アルコール依存症とか、性行為依存症とか、
何かを過度に求めすぎて、日常生活に支障がある状態ですね。

会社だって依存症にかかります。

そもそも、なぜ依存症になるのかというと、
その行為が『気持ちよすぎる』からです。

酔っ払った状態が気持ちよすぎる、
行為で頭が真っ白になって気持ちよすぎる、
機械化で利益が出まくって気持ちよすぎるんです。

赤ちゃんがおチチをムチュムチュねだるように、
どうしようもない快感が脳みそにこびりついて、
離れられないのです。

会社の機械化がクセになっちゃう秘密は、『分業』にあります。

経済学者アダム・スミスは『国富論』で分業の威力について
次のように語っています。

----------------------------------------------------
各工程をみんなで分業すれば、1日で4800本のピンが作れるだろう。
しかしひとりでピンを作れば、1日で1本も作れないだろう。
----------------------------------------------------

と。

そこで会社は、分業をきっかけにこんな流れをたどります。
------------------------------

目先の利益を求める

分業する

機械化が進む

商品の価値が減る

労働者をリストラする

長期的には利益が減る

目先の利益を求める

一番上に戻る(永久ループ)

------------------------------

借金漬けになった人がさらに借金する感じですね。
ループすればするほど、『薄利多売ビジネス』になります。

「でも会田さん、それでもがんばって利益出してる会社って
いっぱいあるじゃないですか?
そういう会社は、どういうことしてるの?」

わかりました。

というわけで次回は原点に立ち戻って、『利益とは?』
というお話をしていきます。

楽しみにしていてください。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-稼ぐノウハウ

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.