情報発信

太陽光バブル崩壊

投稿日:

今日は、『太陽光バブル崩壊』という
お話をしたいと思います。

2015年3月5日のことです。
ついに、住宅向け太陽光発電システム販売の
リベルテが自己破産を申請しました。

リベルテの倒産は序章にすぎず、
今後、太陽光発電関連の会社は
倒産しまくるでしょう。

どうしてこうなっちゃったのか?

理由としては、ふたつあります。

ひとつは、『出力抑制』です。

『出力抑制』とは、発電所の電力が
余ってるときは、発電所は、
住宅やメガソーラーからの買取りを拒否する
というルールです。

今のところ、九州電力以外は
ルールの導入が見送られていますが、
いつ、東京電力や中部電力、関西電力に
導入されてもおかしくないです。

もうひとつは、電気の買取り単価が
年々下がってることです。

2014年に32円/キロワットだったのが、
2015年7月には、27円/キロワットに
下がる見通しです。

そりゃあ、そうですよね。

ソーラーパネルがどんどんできたら、
需要と供給の関係で、そうなっちゃいますね。

なので今後、「太陽光発電で住宅ローンを払う」
みたいに考えて家を建てたら、たいへんなことに
なるということです。

せいぜい、
「毎月の電気代がペイできたらいいなー」
くらいに、考えておいたほうが
よいということになりますね。

何かに乗っかって儲けるのは、手軽ですけど
自分でコントロールしにくいです。

商売は、お手軽ではないですけど、
自分でコントロールしやすいのが
強みだな、とは思います。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-情報発信

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.