稼ぐノウハウ

感情的に話すとトクをする

投稿日:

今日は、感情的に話すとトクをする、という話をしたいと思います。

ここ最近、野々村議員という政治家が、よくわからない
経費の使い方を追求されて、記者会見を行いました。

しかし彼は、肝心なところになると、赤ちゃんのように泣き喚いて
記者会見を終えると言う、前代未聞の荒業を使いました。

これに対して、私の周囲の感想を聞いていると、なぜか彼に対する
非難の声が少ないのです。
むしろYoutubeでは、彼はかなり面白い加工をされてたりしていて
かなりの人気者になっていたりします。

https://www.youtube.com/watch?v=-lYInb_Eidw

たとえば海外のお客さんがクレームを言ってきた、そのクレームに
回答するなどの場合、お互いに、because...というフレーズを
かなりの頻度で使います。

つまり、自分の主張に対する理由をbecauseで論理的に説明することを
求められます。
しかし日本では、なぜかこういった理路整然とした話し方は、
共感されにくいのです。

もう一度言いますが、彼は肝心なことを何も話していないのです。
なのに許されてしまいます。すごくトクをしています。

しかも彼の映像は、何回見ても面白いので、テレビで繰り返し映されます。
たとえ議員をクビになっても、今後タレントとしてやっていけるでしょう。

もちろんビジネスをやっている以上、自分自身が論理的でなければ
マズイです。

しかし自分の話に対して、あまりにも周囲の反応がうすい場合、
話す内容にばかり集中していて、身振り手振りや表情、
つまり伝え方がおろそかになってないか、振り返って見ることを
おすすめします。

追伸:

ご存知かもしれませんが、双子の赤ちゃんが「ダダダ」だけで
コミュニケーションしている動画を紹介します。

おもしろいなあ~、かわいいなあ~、だけじゃなくて、
赤ちゃんの表情やリアクション、手や足の動かし方を
よーーーく見てみるとよいです。
身振り手振りの伝え方の重要性を学ぶことができます。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-稼ぐノウハウ

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.