稼ぐノウハウ

搾取する会社を駆逐するための3本の矢

投稿日:

今日は、『搾取する会社を駆逐するための3本の矢』という話をします。

前回は、会社を、最低限、生活していくための『保険』にしたうえで、
『抜け穴』を掘る仕事、すなわち自分でビジネスをやりましょう
という話をしました。

そのためにはどういったマインドで日々取り組めばいいのか、資本論から
3つの解決法を導いていきます。

結論から言うと、次の3つです。

1.社長マインドと社長スキルの習得
2.タダでもいいからやりたいことをやる
3.お客さんに聞く

「どういうこと?」って思われるかもしれませんが、
ひとつずつ順番に話していきますので、心配しないでください。

まず社長マインドについて話します。

私は目の前にいる人と話していて「この人はどっちのマインドかな?」
と、いつも思ってます。
その人が『社長マインド』なのか『従業員マインド』なのか、見てます。

見分け方はすごくかんたんです。

いつも明るいこと言ってる人が社長マインドで、いつも愚痴ばっかり
言ってる人が従業員マインドの人です。

毎月100万以上稼いでいる人だって、すごく苦労してきたし、
悩みの質はちがえど、実は、今も苦労してるんです。

でも良いところもわるいところも含めて、全部自分のこととして
受けとめているから、グチグチ言う前に、パパッとやっちゃうんです。
目の前の暗いことをやっつけているので、目の前は空っぽです。
なので、目の前のことをそのまま楽しめるんです。

従業員マインドの人は、グチグチいうだけで、目の前が荷物だらけで
結局動けないのです。

どうしてかというと、動いてへんな結果を出してしまったらクビになる、
クビになったら転職しないといけない、転職市場に行って、
自分が商品として売られた場合、かなり安い値段がついてしまうことを
こわがっているからです。

じゃあ、私たちはどうすればいいのか。

たとえば、「よし、やるぞ!」と言って、いきなり社長に、現場の悪評を
直訴したりといった社内革命をするのはおすすめしません。

しかし今いる場所で、自分なりのプライドを持って仕事することは
おすすめします。

「ここは会社に評価されなくても、自分なりに引かないぞ!」

という部分を持って仕事をやりましょうってことです。

私は以前、お客様センターの仕事をしてました。

ひっきりなしに電話がかかってきて、でもよくわかってなくて、
詳しい説明もできずに、よくお客さんにおこられてました。

いつもいつもおこられるばかりじゃシャクなので、先輩が過去に
お客さんから受けた質問と答えを教えてもらって、Q&A集を作っていきました。
たまたまそれを見た上司が、電話担当から私をはずして、
Q&A集を作りこむように命じました。

それで、私はデータベースを勉強して、Q&Aをデータベース化したり、
検索プログラムを作ったり、それをチームメンバーにシェアすることで、
チームリーダーを任されるようになりました。そういうのが、
今のマネジメントスキルやプログラミングスキルを作っていきました。

社長マインドになってくると、どんどん明るくなれますし、
人が寄ってきます。
下世話な話ですが、社長マインドになると、急に異性にモテるようになります。

社長が社長とつるみたがるのは、いっしょにいて楽しいからです。
従業員が従業員とつるみたがるのは、いっしょにいると
慰められるからです。
そして、いっしょにいる人同士の稼ぎは、だいたい似てきます。

あなたは、社長と従業員のどちらになりたいですか?

次回は、『社長スキル』についてお話します。
社長マインドを支えるスキルとはいったい何なのかお話していきます。

楽しみにしててください。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-稼ぐノウハウ

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.