稼ぐノウハウ

給料は最安値を記録

投稿日:

今日は、『給料は最安値を記録』という話をします。

給料があがらないのは、景気とか、時代とか、いろいろ言われますが、
景気が良くてもわるくても増えません。
むしろ減り続けます。

「会田さん、どうしてそんなことが言えるんですか?」

たとえば、あなたに何かほしいものができたとします。

私は少し前、テレビの音を無線で飛ばす機械を買いました。
夜は家族の迷惑を考えて、テレビにイヤホンしてますが、
コードが手に絡まって、何かとウザイからです。

「じゃあ、買おう」ということで、ネットで価格比較サイトに行って
商品の型番を、カチャカチャカチャと入れて、最安のお店で買います。
2番目以降のお店を見ることはありません。

どうして2番目以降を見ないかと言うと、必要ないからです。
同じ商品を買うのに、最安より上の金額は余分な出費だからです。

会社から見た社員の給料は、『2番目以降の商品』です。
必要以上は、ゼッタイに支払いません。

たとえば、自分の給与明細を見てください。

通勤手当。会社まで働きバチを移動させる『経費』。
住宅手当。次回の労働時間まで働きバチを待機させる『経費』。
残業手当。働きバチの延長使用にかかる『経費』。
役職手当。働きバチの脱走防止にかかる『経費』。

会社は、『経費』だから渋々払ってます。

あなたが子供のころからあこがれていたフェラーリを
30年ローンで買ったので、「フェラーリ手当ください」
と言っても、会社は出してくれません。

それは会社にとっての『経費』じゃないから。

給料=経費

あなたの『給料』は、会社の『経費』です。

会社は利益を増やすためにやってますので、
経費は半永久的にけずっていきます。

ライバル会社との競争が激化すればするほど、無様なほど
けずってきます。

ですから、会社がアベノミクスで儲かってても、会社の鉄の金庫に
ガシャンと入れて、あなたの給料袋にはつじつまが合う分だけしか
入れません。

だから、あなたの給料は増えません。

次回は、『友達の相談料と弁護士の相談料』という話をします。

楽しみにしててください。

追伸1:

「団塊の世代は給料増えてたよ」と言うかもしれませんが、
あのころは、資本主義ゲームがぬるかったのです。

もう、世の中がネットでつながってしまったので、
これからの会社は逃げ場所なんかないし、ぬるいことも
言ってられません。
追伸2:

会田のおすすめ教材を紹介します。
以下は会田が作った無料の教材です。

 

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-稼ぐノウハウ

Copyright© あいだけん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.