未分類

老後は、老後になってから考えればいい

投稿日:

 今日は、
『老後は、老後になってから考えればいい』
という話をします。

ホリエモンが近大でやった
卒業式に贈るスピーチが
『神スピーチ』でした。

15分くらいなんで、ぜひ見てください。

キーワードは、『グローバル化』です。

動画に出てた、人件費の商売であるマッサージ屋。

タイのマッサージ屋と北海道のマッサージ屋が
2倍の価格差しかなくなっているという現実。

私自身も、『中古カメラ』という、
『かつての日本の栄光』を切り売りしてるわけですが、
最近は、東南アジアのお客さんからの注文が
どんどん増えてます(しかも高額商品が多い)

『日本が買い叩かれてる現実』を感じます。

一方で、変わらない人も多いでしょう。

円安に引っ張られているとはいえ、
日本には、『根強い内需』がありますから。
(輸出も輸入もいける国って、
世界的にも珍しいと思います)

そうすると、保守的な人と
グローバル化に行く人が分かれますね。

これって、歴史的には一度ありましたね。
そう、『明治維新』。

洋服を着てる人、ちょんまげしない人を
バカにしたりする人。
すき焼きを食べる人、刀を捨てて鉄砲を持つ人。

はじめて見るグローバル化を目にして、
いろんな人が混ざる時代でした。

そういったところでは、『世間では』や
『常識では』という『共通のコンセンサス』が
成り立ちません。

『常識』の取るシェアが低すぎるので、
同じ日本語でも、価値観がちがいで、
会話が成立しないんですね。

逆に、『同じ価値観』が大切になってきます。

たとえば、『自分の憧れの人の話では』や
『仲間では』に耳を傾ける。やってみる。
好きな人とだけつながって、いっしょに
進化していく。

これから、そんなお付き合いが
増えることを予感しますね。

私は、グローバル化に乗っかる方が
「しがらみもなくて、自由で楽しいな」
と感じてますが、どちらにカジを切るのかは
自分次第。

さてあなたは、どうしたいですか?

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-未分類

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.