未分類

他人に与えられた夢を生きるな

投稿日:

今日は、『他人に与えられた夢を生きるな』
という話をします。

私が教え子さんに話すことは、
かなりライフスタイル重視です。

「お金稼ぎたいな」と思ってても、
行動に移せない理由のひとつが、
『ライフスタイル』への着目が
足りないことにあります。

会社で、「この人と仲良くなりたくないなー」
と思う同僚や上司や、後輩や友達には、
『ある共通点』があったりします。

それは、お金ばっかり崇めてて、
自分の生き方=ライフスタイルを
持ってないことです。

たとえば減給されたから、もう部下には
おごらないとか。

お金がなかったら、
余ったご飯でおにぎりを作って差し入れてもいいし、
休憩中に、空いてる会議室で、昇進するコツを
教えてあげてもいい。

大切なのは、「部下を大切に思う」という
生き方を通すことです。

お金を稼ぐことは、たんなる『手段』です。
『目的』ではありません。

かんたんではないですよ。
しかし、それがすべてでもないです。

「おれは、あるビジネスモデルを思いついた」
「でも詳細は言えない」とか、
秘密にする人がいますけど、
別に、隠すほどのものでもないです。

そんなところに、究極のオリジナル性は
いらないのです。
逆に、既に誰かが稼いだ方法を
「マネ」したらいいです。

スーパーまで行くのに、自分の車で
行ってもいいですけど、
家族の車に乗ってくほうが
ラクじゃないですか。

それと同じです。

大切なのは、『目的』です。

「おれは(私は)、どんな生き方をしたいか」
を具体的にイメージして、
数値的にも計測して、
『自分だけの完成予定図』をつくることです。

この図が自分のオリジナルでない、ということは、
『他人に与えられた夢を生きている』
にすぎないのです。

イメージするコツは、
「ちょこっと経験してみること」です。

一流ホテルに泊まりたい。
楽天トラベルのタイムセールで予約してください。

フェラーリに乗りたい。
一回レンタルで乗ってください。

グアムに行きたい。
LCCで行ってください。

パッツンロリ巨乳に...
そーいうお店にイッてください。

少しやってみれば、やりたいことが
わかります。
(逆に、求めてなかったこともわかります)

「グアムにぞっこん。毎月行きたい」
と思ったら、年間いくら稼いだらいいか
わかります。

それが決まれば、どのくらい稼げばいいか決まるし、
何をして稼ぐかも決まってきて、
あとはやるだけなので、
自然と行動につながって、稼げます。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-未分類

Copyright© 46才5000万で働かない暮らし , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.