未分類

ピントの話

投稿日:

今日は、『ピントの話』をします。

先日、コンサルしてて、
「月1万くらいでチラシ配りのバイトをしたい」
と言うママ友さんの話になりました。

「会田さん、どうして彼女は
そんなことやりたいのでしょうか?」

と言われたので、

「彼女は、『人の役に立ちたい』と『稼ぎたい』が
混ざってるんですよ」

と答えました。

ピントというのは、カメラの用語で
『被写体への焦点』のことで、
ピントが合ってると、くっきりしていて
合ってないと、ピンボケとなります。

なので、ピンボケ=失敗写真、が常識ですが、
実はピントって、なかなか深い話なんです。

会田組で外注の話になると、
「いくらで募集すればよいですか?」
という話が毎回毎回毎回毎回でます。

どうしてそんな質問ばかりするのかと言うと、
外注を頼みたいあなたが、「稼ぎたい!!」
にピントが合いすぎてるからです。

だから、
「そんな値段でちゃんと仕事してくれるわけがない」
と信じる自分を、納得させる理由を探している
だけなのです。

どこかにピントが合ってると言うことは、
実はそれ以外でピントが合ってません。

だから、自分自身、わざとピンボケさせましょう。

「どんなにがんばっても死んだら骨になるだけ」

「私は、別に稼がなくてもいいんだ」

すると、『稼ぐ病の私たち』のほうが
『むしろ特殊』で、『人の役に立ちたい』と
『稼ぎたい』が混ざってる方が『むしろふつう』
という現実にピントが合うと思います。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-未分類

Copyright© 46才5000万で働かない暮らし , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.