未分類

シャドウ

投稿日:

今日は、『シャドウ』の話をしたいと思います。

『流星ワゴン』というドラマがクライマックスを
迎えています。

アラフォーの主人公はリストラされる。

妻に離婚を突き付けられて、息子が家庭内暴力で、
ローンの残ったマンションを金属バットで
めちゃめちゃにして、もう絶望しか残ってなくて、
寒空で泥酔して凍死するときの走馬灯の話です。

そこで、なぜか自分と同じくらいの年をした
自分の父親と会います。

いつも乱暴だった父親。
そんな父親をきらってずっと敵対してた。

なのに父親は、主人公の走馬灯の中で、

「あのとき、ああしておけばよかった。。。」

という主人公の後悔のやり直しに
すごくすごく協力してくれます。

そして終盤になって、主人公は、あれほど嫌っていた
『乱暴な父親スタイル』で妻と子の関係やり直しを
行います。

すると不思議なことに、あれほど憎まれていた子供と
泣きあってハグできるほど関係が改善し、
生理的に受け付けてもらえなかった妻に
触れてもらえて、やり直しを誓い合うところまで
改善できました。

主人公にとって『父親を嫌う気持ち』は、
見たくない自分自身の心の闇でした。

これが『シャドウ』です。

シャドウは、周囲の人間関係に影を落とし、
巡り巡って自分に還ってきます。

主人公は、自らのシャドウを知り、
シャドウとフュージョン(融合)
することで、自分のポテンシャルを
引き出したのです。

自己啓発の本など読むと、ポジティブな
マインドのことがよく書かれてますね。

しかし光を強くすると、影がいっそう強くなるように、
シャドウを無視して、ポジティブシンキングだけで
突き進むと、自分のシャドウが濃くなり、
負の感情でがんじがらめになります。

すると知らず知らずのうちに、ポテンシャルが下がります。

でも自分ひとりで、自分自身のシャドウに向き合うのは、
実は、すごくたいへんです。

なので、評判の良いセラピストに、
何度かカウンセリングに受けると、
わりとはかどると思います。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-未分類

Copyright© 46才5000万で働かない暮らし , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.