未分類

プライド VS システム

投稿日:

今日は、『プライド VS システム』
をお話します。

昔のサムライは、

「やあやあ、遠からんもの音を聞け!」

と言って名将が男らしく一騎打ちした、
みたいなイメージがありますが、
実戦では、集団で戦ってたようです。

芝居じゃあるまいし、考えてみれば
当たり前ですよね。

じゃあ、どうして戦場で
名乗りを上げるのかというと、
「討ち取ったらおれの手柄だと言ってくれよ」
という、『手柄証人』のねらいがあるのです。

ところで、第二次世界大戦時、
日本とアメリカの潜水艦の戦いの成績を比較すると、
アメリカの撃破数は日本の10倍、
損害は日本の半分、となります。

いくらなんでも、日本弱すぎます。
どうしてここまで格差が広がったのか?

もちろん、日本の装備の貧弱さもありますけど、
そもそも取る作戦が、日本とアメリカでは
ぜんぜんちがう、というのがポイントです。

日本は、『敵戦艦』とか『敵空母』とか、
『主役』をねらいすぎなのです。

それに比べてアメリカは、『脇役ねらい』です。
脇役の輸送船ばかり、しつこくしつこく
ストーカー疑惑で訴えられるくらいのねちこさで
輸送船ばかりねらいました。

それで日本は、鉄とか食料とか補給できずに
ずいぶんひもじい思いを強いられました。

しかも輸送船というのは、ふつうの船なので、
かんたんに沈みます。

かんたんに沈む輸送船を沈めるのに、
すごい大砲とかいらないのです。

なので、かんたんな船を大量生産。

同じ見た目のザクみたいな船を
短期間で大量に作って、日本に差し向けたのです。

それに比べて日本は、
「おれがガンダム」と言わんばかりに、
ザクを無視して
「シャアをやっつけること」にこだわりました。

「やあやあ、遠からんもの音を聞け!」

鉄や石油がなくなってるのに、
『必殺の〜』とか『最強の〜』にこだわって
すごいのを作ろうとしたから、
負けたのです(かんたんに言うと)。

ビジネスでもそう。

「ベンツを乗り回して
秒速で億を稼ぐぜ」

とか考えずに、地味に儲かることを
ネチネチやったら、儲かりますし、
貯金ができてから、ハデに
ベンツを乗り回せばよいのです。

次回は、『ゼロ戦は弱い』という話をします。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-未分類

Copyright© 46才5000万で働かない暮らし , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.