未分類

みんな、そうしているんだから

投稿日:

今日は、『みんな、そうしているんだから』
をお話します。

2014年、実際に私の身に起きたことです。

税務調査で、私と税務官の言い分が、
平行線をたどったままで、
かれこれ1時間は経とうとしていたころです。

昼下がりの密室で、おもむろに税務官は
私に、こう言いました。

「みんな、そうしているんだから」

そう、みんな税金を払ってるんだから
『つべこべ言わずに、あなたも払いなさい』。

と、彼は言いたかったのです。

人が何を信じ、どのように振舞えばいいのか
を決める際、他の人が信じてることや、
他の人の振る舞いをマネすることがあります。

これが、『社会的証明』の力です。

社会的証明の力を発動するには、

1.「○○は、他の人もそうしている」

ということをわからせます。

2.「だからあなたも○○しなさい」

と言います。

これで他人をコントロールすることができます。

しかし実際は、税務官の

「みんな、そうしているんだから」

に対して、私ははっきり「No」を言いました。

あれあれ、社会的証明が効かないぞ!?

実は、社会的証明の力は、
いつも『バシーーン!!』と効果を
発揮するワケではありません。

柔道で、軸足でない方を払っても
相手がすっ転ばないように、
社会的証明の力を使うには、
状況の見極めが必要になるのです。

逆に、状況さえ見極められれば、
大人であろうが、賢い人であろうが、
社会的証明の力が発動します。

次回は、どんな状況だと、

「みんな、そうしているんだから」

という言葉が「ズバーーン!」と
相手に刺さるのか、話したいと思います

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-未分類

Copyright© 46才5000万で働かない暮らし , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.