稼ぐノウハウ

私がなぜサラリーマンに戻らないのか

投稿日:

私がなぜサラリーマンに戻らないのか。

戻らないというか、
単純に、朝起きられないし、
夜もグッスリ寝てるので、
体力的にムリなんです。

「じゃあ、1日2時間だけ、
好きな時間に出社していいとしたら
再就職しますか?」

うーん、悩むところです(笑)

それはともかく、
「なぜ?」という問題について、
自分の内面を深く掘り下げていくと、

『生きそこなった人生への恐怖』

が関わってるように感じます。

金持ち父さんの言葉を引用します。

---
安全を求める生き方で最悪なのは、
多くの場合、二つの人生を生きることになる点だ。

つまり、1つは実際に生きている人生。
そしてもう1つは、別の選択をすれば
そんなふうに生きることが可能だとわかっている
『生きそこなった人生』だ。
---

振り返ってみると、

「サラリーも得た。結婚もした。
マンション買って、子供ができて、
定年になって、はーやれやれ」

という人生に
カンペキにコミットできない自分が
いつもどこかにいました。

心の中に、ふたつの自分がいて
会社にいる自分が自分じゃないような気がしてて
孤独で、いつも苦しかったことを覚えています。

サラリーマンには『安定』があって、
独立には『自由』があります。

安定しててしかも自由、なら最高ですが、
そのような考えは矛盾してます。

なぜなら、安定を求めるのは、
経済的な『恐怖』があるからで、
その恐怖を克服した先に『自由』があるからです。

そして、恐怖を克服する、というのは、
「今すぐ100億円ゲット」ではなくて、
安定した仕事や給料を必要とせずに
「何年もがんばる勇気を持つこと」です。

つまり、自分自身が、
心の底ではどちらを選んでるか、
知っておく必要があります。

心の底では『安定』を望んでいるなら、
『従業員でいたほうが幸せ』だし、
心の底では『自由』を望んでいるなら、
『独立したほうが幸せ』ということです。

次回は、根性論でビジネスする人を
小バカにする理由をお話します。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-稼ぐノウハウ

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.