稼ぐノウハウ

信頼残高を増やす

投稿日:

今日は『信頼残高を増やす』
という話をします。

『マレフィセント』という
ディズニー映画を見てました。

アンジェリーナ・ジョリーの演技がうまくて、
とくに表情だけであれだけの感情を伝えるのって
かなりすごいなと思いました。

また、マレフィセントの魔法のチートぶりが
すごかったですね。

指先でチョコチョコってやるだけで
攻め込んできた何十人もの兵士が
吹っ飛んでいきます。

あれ見てて、「自分の力で稼げるのも、
ある意味、魔法だな」と思いました。

なぜかというと、何かあったときに
自分を守る力を持ってるので、
社会のへんな圧力に影響されないからです。

誰に何を言われようが、
指先でチョコチョコってやるだけで
まとまったお金が入ってきて、
ご飯も食べられて、穏やかに暮らしていけるからです。

マレフィセントの住む妖精の国は
仲間同士、対等な関係でつながってます。
一方、人間の国は、王様を中心に
上下関係でつながってます。

マレフィセントが王様の軍隊と戦ったときに
妖精の仲間に助けてもらったように、
魔法を使える者同士は、横の関係で助け合うことを
おすすめします。

私だって、生まれながらにカメラができたわけじゃなくて、
それまでいろんなブログや教材を読んでるし、
今でも、トップセラーや教え子さんに教えてもらってます。

そういった関係の中では
『どちらが上』とか、どうでもよいです。

たとえば私は、アニキを勝手に慕ってますが、
彼はえらぶったりせずに、私と対等に接してくれてます。

もちろん敬意をはらうのは、好き嫌いとか
感情的な部分もあるので、
敬意をはらいたいほうが、勝手にはらえばよいと思います。

で、仲間の核になるのは、『信頼』ですね。

『7つの習慣』という本に、『信頼残高』という
表現があるのですが、
すごくわかりやすい概念だと思いました。
(読んでないなら、読んだ方がいいと思います)

この『信頼残高』を増やしあったもの同士が、
『仲間』というわけです。

信頼残高を増やす方法は、6つあります。

1.相手を理解すること

これが最強で、まず相手がしてほしいことが
わかってないと、基本的に何をやっても
意味がありません。

2.小さなことを大切にすること

きちんとあいさつするとか、
感謝の気持ちを伝えるとか、
ちょっとしたジョークを言って場を和ませるとか、
コツコツすることですね。

3.約束を守ること

どんなに素晴らしい人でも、約束を守れないと
信頼残高が急下降します。
だから、いい人になりすぎたり、
身の丈を超えた約束をしないことですね。

4.期待を明確にすること

自分が何か提供するときは、
提供するものを前もって明確にすることですね。
そうしないと、「おれを人柱にしたのか」ってなるので。

5.誠実さを示すこと

道徳の授業じゃなくて、
『自分の言葉』と『自分の行動』を一致させることです。
両者がずれちゃいがちなときは、まず、
だまって行動することです。

6.信頼残高を引き出してしまったときは、誠意をもって謝ること

「やっちまった」というときは、言われる前に謝ることです。
誠実さと関連してますが、相手はこちらのミス自体を
見てるのではなくて、心のあり方を見てるのです。
不正な動機による過ちは、残高を一気にゼロにします。

まとめると、お金の心配から自由で居続けたければ、
自分の近しい人との信頼残高を増やしましょう、
という話です。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-稼ぐノウハウ

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.