外注化

外注さんが飛ばない方法

投稿日:

今日は『外注さんが飛ばない方法』
という話をします。

コンサルを卒業してるのに、
なぜか教え子さんと会ったりしてしまうのですが、

「外注さんがすぐに、いきなりやめてしまう」

みたいなことをグチられました。

どうしてそうなるのかというと、
『楽しくないから』です。

たとえば、なぜ人はドライブをするのか。

ドライブって、やってることおかしいですよね。

だって、荷物を運搬するわけではないし、
ガソリンも減るし、アテもなくさまよい
結局家に帰ってきて、絶対的な移動距離はゼロです。

だったら何のためにドライブに行くのですか。

それは、『楽しいから』です。

アクセルを踏んで、駆け抜けていく感覚。
ハンドルを切って曲がる感覚。
行こうと思ったところに行けてしまう感覚。
好きな音楽をかけたり、自分だけの空間のまま移動してる感覚。

そう、そこには、『ドライバーの意思』が
反映されてるから、楽しいのです。

仕事もそうで、マニュアルでガチガチにして、
『コミュニケーション=指示』みたいになると、
誰だってイヤになります。

なので、結果だけコミットして、
細かいやり方は任せるとかでも良いですね。

南国さん(仮)の会社とか、そうですね。

この前、彼の事務所に行ったら、
2人の女性従業員さんが
出入口の天井を指差して微笑んでました。

どうやらハトが巣を作ってるみたいで、
その様子を一生懸命見守ってるようです。

南国さんは社長なのに、
「そんなヒマがあるなら仕事しろ」
とは言いません。

「どうして何も言わないんですか?」

と聞くと、

「『ここだけはやっといてほしい』
ということさえできてたら、いいんですよ」

と即答します。

あとは、
「自分がやられてイヤだったことは
強要したくない」とも言ってました。

彼は強い男です。

ブルーハーツの『TRAIN TRAIN』で
『弱い者達が夕暮れ~さらに弱い者をたたく~』
とありますが、会社では、いろんな建前を作って
社畜が社畜を叩いてます。

実際につらい目にあってる話を聞くと、
私も心が痛みます。

あなたには、経済的に
自由になってほしいのですが、
精神的にも自由になってほしいな
と思ってます。

まとめると、外注さんと仲良くしていきたければ、
ある程度お任せして、楽しくしてもらうとか、
そもそも人として対等に接しましょう、という話です。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-外注化

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.