副業の相談

ビジネスは個性

投稿日:

今日は、『ビジネスは個性』という話をします。

読者さんからお便りをいただきまして、
「ebayの高額スクールに入ろうか迷ってるので、
アドバイスをください」という内容でした。

すごく、わかるんです。

私もカメラで稼げなかったとき、思いつめて、
高額スクールの営業があることを承知のうえで、
そこの無料セミナーに参加しました。

で、セミナー後の懇親会で前に座っていたのが、
後の私のメンターとなるアニキなのですが、
もしアニキがぜんぜんちがうところに座ってたら、
私は何も考えずにスクールに入ってたかもしれません。

そしてスクールに入って、スクール代以上に稼げて、
卒業しても稼ぎ続けるのか、という不安は
すごくあると思います。だから、そこに意識を
持っていかれるのは、よくわかるんです。

でも、稼ぎ続けるのはカンタンで、

1.お客さんが求めていて、
2.自分にパッションがある

1と2の交差ポイントを歩いていけばいいだけです。

2に引っ張られすぎると、貧乏な発明家になるし、
1ばかり考えてると、つらくて、ウツっぽくなります。

なので、いくらebayカメラが儲かるといっても、
潔癖症で、ゴム手袋をつけないと中古カメラにさわれないとか、
コンディションの質問が来るだけで、ストレスでハゲるなら、
新品で無在庫した方がいいですよね。

ムリしたら続かないし、続かないから稼ぎ続けられないのです。

で、「そこは大丈夫」ってなったら、そこまでどう学ぶかです。

たとえば、自分が中学生のときのことを思い出してください。

学校に行って先生に教えてもらったり、塾に行くのが好きでしたか?
それとも、家庭教師の先生に教えてもらったほうがやる気でましたか?
それとも、参考書だけ買って自分のペースでやりたかったですか?
それとも、教師の脳天をカチ割って、盗んだバイクで走り出してましたか?

私は脳天カチ割り型で、トコトン自分のペースでやりたい派です。
大人になっても、そういうとこってそんなに変わらないです。

だから、自分のタイプに合わせて、スクールに行くのか、
コンサルを受けるのか、教材だけ買って自分でやるのか
決めたらいいと思います(スクール代じゃないです)。

私だって、おかあさんのお腹から出てきた瞬間から
「サンニッパ」とか言ってたわけじゃないです。
カメラのことをまるで知らない、うだつのあがらないサラリーマンでした。

「カメラをやる」と決めて、会社帰りにカメラ屋さんに通って、
店員さんにフィルムカメラの使い方を教えてもらったり、
ビビッて店内でスマホ出せなかったので、手書きでカメラの価格を
たくさんメモって覚えました。

そして何年かビジネスをして思うのが、「ビジネスは個性だな」
ってことです。

かっこいい言葉で言うと、「USP(Unique Selling Proposition)」
と言うのですが、「ライバルに負けないぞ」って考えてると、
商売に自分の個性を持ち込むようになります。と同時に、
自分に合わないものはやめて、シェイプアップします。

たとえば、しくみマニアの私は、小さなロットでいろんなしくみを
テストするのが好きです。正直に言うと、ebayカメラビジネスは
しくみができてるので、しくみマニア的にはおもしろくないです。
なので、ふだんはしっかり者のOLさんにまかせて、わりと忘れてます。

他にも、ホテルマン出身のアニキは、究極のおもてなしスタイルを貫いてますし、
はにかみ屋さんの南国さんは、出社しても社長室引きこもりスタイルですし、
ガジェット大好きナカータさんは、ガジェット人柱転売スタイルです。

つまり「稼ぎ続ける」ということは、「自分と調和していくこと」なのです。
なので、いくら儲かりそうと思っても、調和しようがないというか、
最初からまるで自分に合わないことは手を出さないことです。

まとめると、どうやって稼ぐ方法を学ぶか、
どうやって稼いでいくかは、「結局は自分の中にある」
という話です。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-副業の相談

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.