稼ぐノウハウ

あなたは外向的?内向的?

投稿日:

今日は、『あなたは外向的?内向的?』という話を
しようと思います。

先日、奥まさかつさんと話してて、
気づいたことがありました。
それは、奥さんは主に『外向的な』要素を持っていて、
私は『内向的な』要素を持ってる、ということです。

外向的・内向的の定義は、以下のようになります。

・外向的人間

さまざまな活動や人、場所や物からエネルギーを得る。
人混みや多人数の飲み会などが好き。
ドーパミン感受性が低いため、
ドーパミンを求めて刺激の多い世界を求める。

・内向的人間

アイデア・感情・印象といった自分の中の世界からエネルギーを得る。
自分ひとりの空間、少人数の飲み会などが好き。
ドーパミン感受性が高いため、
ドーパミンが過剰になると刺激が多いと感じてしまう。

ポイントは、「ドーパミン感受性」です。

世の中は、4人中3人くらいは外向的です。
新しいスポットが次々オープンするのは、
多数派のドーパミン感受性に対応するためなのです。

一方、少数派ではありますが、大人になっても
想像の世界で遊んだりする人は、ドーパミン感受性が
高いので、タワーマンションでドンペリニヨンな催しは、
刺激が強すぎてしんどいのです。

だからといって、「あなたはどっち?」って
完全に割り切れるものではないですが、
「どちらの自分でいるのが快適なのか」を
知っておくと、生きやすくなると思います。

また、外向的な人と内向的な人は、
「広さ」と「深さ」のとらえ方が異なってます。

外向的な人は、広さを好み、大勢の友達や、たくさんの経験、
すべてについて少しずつ知るなど、ゼネラリストに
なることを求めます。

それに比べて内向的な人は、深さを好み、友達は選び、
フォーカスを絞ってテーマを深く追求し、
スペシャリストになることを求めます。

なので、いろんな人と広く付き合うべきか、
特定の人と深く付き合うべきかというのは、
全員に決められた道があるわけではなくて、
「自分のタイプによって異なる」というわけです。

ビジネスも、いろんなビジネスに手を出して、
オーナー的なポジションを目指すのか、
特定のビジネスを深く掘り下げて、
重要な意思決定はすべて俺、のスタイルにするかも同じです。

もちろん、どちらがまちがってるとかじゃなくて、
どちらのタイプでも人脈として成立しますし、
ゼネラリスト社長もスペシャリスト社長も、
年収数千万程度の結果は出せます。

だから、稼ぎたいからといって、ムリして
ちがうタイプに同調しなくてもよいのです。
ムリしてると、「あー、この人ムリしてるな」
というのがお互いわかるので、関係がこじれます。

まとめると、人には「外交的・内向的」という
生まれ持った傾向があるので、自分の傾向が
どちらであるかを知った上で行動し、
あまりムリしないでおきましょうね、という話です。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-稼ぐノウハウ

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.