カメラ転売のノウハウ

うつぶせebayカメラ輸出を解約したい

投稿日:

今日は「うつぶせebayカメラ輸出を解約したい」
という話をしたいと思います。

「現在借金まみれなので、
うつぶせebayカメラ輸出を解約したい」

ということで解約いただきました。
第1話では、そういう話もしていますので、
ちゃんと話を聞いてくれてありがたいと思ってます。

じゃあ、どうしてうつぶせ状態でも
お金が入ってくるのかというと
カメラという「資産」を買ってるからです。

ここでいう資産とは、
「買ったら増えて戻ってくるもの」のことです。

だったら借金して「資産」を買って
月末の利益>月末の支払い、になるなら
勝ちじゃん!と考えるかもしれません。

でも逆に、月末の利益<月末の支払い、
になるならけっこうヤバくないですか。

「いやいやいや、カメラは儲かるんですよね」

たとえば、男性にとってすべての女性は
性の対象になりませんよね。

つまり「どんなカメラでも買えば儲かる」
というのは、「女は穴さえついてればOK」
と言ってるようなものです。
そんなの、乱暴すぎます。

「じゃあ、儲かるリストがあれば解決ですね」

もう何回も言ってますけど、
儲かるリスト意味ないですからね。

リストというのは
みんながマネする前提で作られてるものであり、
配布されたリストをマネすると決めた時点で
レッドオーシャンでムリゲーですよ。

リストじゃないんです。
そういう単純な話ではなくて、
「カメラマニアの世界」を理解する必要があります
なので、ある程度時間がかかります。

「えー、世界とかめんどくさい」

そう言っていただけるとうれしく思います。
だから続けてる人は労力のわりに儲かるのです。

あとは売り急ぎの問題。

何人も見てて感じるのですが、
「商品回転率」という言葉でごまかして
売り急ぎを繰り返すとマニアから買い叩かれます。
だから利益額が低くて、自転車操業になります。

つまり、借金を返さないといけない
はやく生活の足しにしないといけない
というプレッシャーが売り急ぎを生んで、
値下げ攻勢に迎合してしまうのです。

まとめると、

・お金が増えるようになるまでしばらくかかる
・売り急ぐとますます儲からなくなる

ので、カメラしたいなら、まず地道に
借金を返してしまってから
腰を据えてがんばったほうがうまくいきますよ。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-カメラ転売のノウハウ

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.