モテるノウハウ 稼ぐノウハウ

19才の大学生がおっさんの前でナ〇パしに行くのを決断した話

投稿日:

株のオフ会で知り合った
19才の男子学生さんからLINEがありました。
「ハタチまでに性的未経験を卒業したい」とのこと。

株と関係ないですがな...

「ぼくにとっては株よりずっと大事なことなんです」

まず、効率的に目標達成する方法として
バイトしてフーゾクに行くか
ネットでの出会いを勧めました。

しかし
「男なら直接見知らぬ女性に声をかけねば」
と言って聞かないのです。

自分が二十歳のときのことを思い出すと
「そういう気持ちあるよな」と思ったので、
「異性に声をかけられないやつは役立たずだな」
と言っておきました。

「あいださんは何人の方と性的体験をしましたか」
と聞かれたので、
「100人より先は数えてない」と答えました。
「すげー」

実際、10人も体験すれば、数をこなすことに
何の意味もないことがわかってくるでしょうが、
今言ってもわからないでしょう。

なので、「逆に聞くけど
君は今まで食べた食パンの数を覚えているのか」
と言っておきました。
(一回、言ってみたかったんです)

「あいださんと話して元気出ました」と言って
彼は繁華街にでかけて行きました。

数時間後、「想像以上に厳しい」
「1人に声をかけて無視された」
と、次々メッセージを送ってきます。
私もスタンプで応援しました。

彼は逃げずに挑戦することがえらいし、
「すごいな、尊いな」と感じました。

一方、彼の「想像以上に」という言葉を
興味深く感じました。
彼の想像では、見知らぬ女性に声をかけるのは
「それほど厳しくない」と見込んでいたわけですね。

だけど実際に声をかけてみて、
想像とのギャップを感じたのでしょう。
こればかりは回避できません。
大きなストレスでしょう

「もう、二度と声をかけない」
と思うかもしれません。
「ほほう、おもしろくなってきやがった」
と思うかもしれません。

私はいちいちアドバイスしません。
口を出したら、本人のコミットを妨げるからです。
本人が100%コミットしない世界に
成長も達成もないのです。

私自身も日々挑戦です。

5月後半はデイトレで連敗して、
月収支プラス数千円というところまで追い込まれました。
令和はじまりの相場は、想像以上に厳しかったです。

先生に相談して、6月は実弾を投じずに
デモトレードでやることにしました。
月収支がプラスで終われるまでは、ずっとそのままです。

「デモトレードなんかやってて楽しいか」

楽しくはないですし、いつでも辞める自由はあるのですが、
今のところは続けています。
10人いたら9人は退場するのが相場ですから
並の心がけではやれないと思ってます。

そういった意味で、私と彼は対等です。
年令は関係ありません。
「チャレンジって、それ自体が尊いな」
ってことです

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-モテるノウハウ, 稼ぐノウハウ

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.