未分類

人をあやつるルール

投稿日:

今日から、『人をあやつるルール』
をお話します。

モノだらけのガレージの
一番奥まったところに
自転車を停めなければならないルールが
我が家にはあります。

ふだん使うものを毎日、
奥のほうまで出したり入れたりして、
たまらない!

私はその奇妙な家訓を
完全に無視していたのですが、
あるときから急に
守るようになりました。

台風の日の夜のことでした。

父親が、自転車で買い物に
行こうとしていた私を気づかい、
車でスーパーまで送ってくれました。

私はビショビショにならずにすみ、
快適な買い物を済ませました。

車で家に帰り、
ドアを開けた私に父親が言いました。

「自転車を奥に
停めておいてもらえないだろうか?」

人は、先に何かプレゼントをされた後、
お願い事をされると、
心理的に断ることが
非常にむずかしくなるのです。

自動販売機のボタンを押して、
缶ジュースがコロコロと出てくるように、
かなりむずかしいお願いも
ホイホイ承諾してしまう傾向があります。

これを『返報性のルール』と言います。

今回からこのような、
『無意識に人をあやつるテクニック』
を詳しく話していきます。

このノウハウを意識的に悪意で
使うようなあなたではない、
と思ってます。

しかし人との関係において、

「何か、してやられた感じがする」
「なぜか断れない」

ということってありません?

逆にあなたには
そういうことに対して
防御するテクニックを
身につけてほしいなと思います。

どうしてそんなルールの数々に
支配されて泣き寝入りしてしまうのか、
現実に、どういったところで使われるのか。

実際、へんなセミナーに行って
高額のものを売られたり、
プロの営業マンにノコノコついていったりして、
データを集めたロバート・チャルデーニさん。

彼の著作『影響力の武器』から抜粋して、
わかりやすくかんたんにお話していきます。

次回はこの『返報性のルール』を
さらに詳しく話していきます。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-未分類

Copyright© あいだけん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.