稼ぐノウハウ

This is 資本主義

投稿日:

今日は、『This is 資本主義』という話をします。

前回は、会社が利益を求めれば求めるほど、
薄利多売ビジネスになっていくよ、という話をしました。

でも薄利多売でも儲かってる会社っていっぱいありますよね?

じゃあ、どうやれば利益が増やせるのか考えていきたいと思います。

そもそも『利益』って何ですか?

『現ナマ』『マネー』『札束』、ようするに、手元に残る『お金』ですよね。
それをどうやって手元に残すのか?

旦那さんの給料が上がらないとき、奥さんが最初にやることは何ですか?
『お小遣いのカット』ですよね。

つまり、払うお金を減らすことです。

そこで会社は、『給料を減らす』という作戦にでます。

現在日本では、子供が減ってますけど、それ以上に就職できるワクが
減ってますね。
するとどうなるか?

今まで高卒でも入れるような会社でも、大卒の子が

「ぜひ御社に!」
「ぜひ御社に!」

と押し寄せるわけです。

すると会社は、大卒の優秀な子を高卒と同じ20万で雇います。
そうすると、高卒の子はどうなるのか?

「ぜひ御社に!」

と言っても

「チミィ~、チミの代わりなんていくらでもいるんだよ~」

と言い返されます。

なので、

「わかりました。15万でよいので雇ってください!」

ってなります。

高卒の子は給料15万で20万円分働かされます。
これで会社は、しばらく薄利多売に耐えられますよね。

そして、今いる社員に対してはこう言うのです。

「今月からはこれも担当してください」

すると社員は、

クソーーーーと思いながらも、
「担当になった以上はこなさなければ!」となり、
『結果的に』残業しまくります。

そうすると会社は、労働者に「ブラック企業!」と訴えられずに、
労働者を使い倒すことができます。
これで会社は、しばらく薄利多売に耐えられますよね。

あとはインセンティブにすることです。

給料20万でブロックを100個作る職人さんに対して、
「200個作ってくれたら、臨時ボーナス5万円出します」
と言います。

本来200個作るなら、給料は20万円×2人分=40万円必要です。
でもこの方法なら、人件費は200%増ではなくて125%増になります。
これで会社は、しばらく薄利多売に耐えられますよね。

このように会社は、薄利多売ディスティニーのツケを、
労働者に押し付けて生き延びるのです。

では、答え合わせの時間です。

私たちの給料を盗んでいる『犯人』は誰か?

会社ですか?

いえ、ちがいます。
ババを押し付けてますが、盗んではいません。

じゃあ、誰か。
誰も盗んでいないのです。

効率化すればするほど下がり続ける『価格』と、それでも
薄利多売で売り続けなきゃいけない『会社』と、搾取されてると
思いながらも働き続けなきゃいけない『労働者』が織り成すディスティニー。

すなわち『This is 資本主義』なのです。

それでは次回は、『薄利多売をリセットする方法』についてお話します。
たいへん『非道徳』な話です。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-稼ぐノウハウ

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.